読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっと看護を学びたい

看護・医療・健康について書いています。

超初心者からの大学院英語勉強法

英語 大学院受験

私は病院で看護師をしていましたが
ある日突然、大学院を受験しよう!と決意しました。
看護系でも大学院は英語論文読めないとダメらしい。
決意したものの、それまで英語から逃げまくっていたので
be動詞など品詞の意味も全く分からない状態でした。
習いたいと思いましたが
恥ずかしくてとても英会話スクールには行けませんでした。
そこから合格するまでに使用したオススメの本・教材をまとめました。

 

文法編

 

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

 

中学までで習う文法が一冊にまとめられています。
イラストも多くかわいいので読むのに苦労しません。
品詞の種類や短い文章の作り方など…これで中学で習った事を思い出しました。
CD付なので壁に向かってシャドーイングして発音も練習していました。
英文も生活に関連する内容のものが多いので英会話の勉強開始時にも使いました。

 

高校 英文法を ひとつひとつわかりやすく。

高校 英文法を ひとつひとつわかりやすく。

 

学研の教材が大好きで
再び「ひとつひとつわかりやすく」シリーズのお世話になりました。
SVOなど文型の話がでてきます。
CDの英文をiPodに取り込んでいつも聞いていました。
英文はすごくゆっくり発音してくれます。
書き込み式なので理解しやすく
書いて覚える派の私には合っていました。

 

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

 

文法書の定番ですね。私は教科書のように使いました。
英会話や英作文に使える表現も多く載っています。
文法を理解しないと品詞が取れない、英文解釈ができません。
上述の学研の教材と比べると分厚いので最初はゾッとしましたが
厚いからって難しいとは限りません。

 

総合英語Forest(7th Edition)解いてトレーニング

総合英語Forest(7th Edition)解いてトレーニング

 

この本の文法問題を解いて
分からない問題はForestの解説を読んで勉強しました。
私が受験した大学院は、文法穴埋め問題は出題されませんでしたが
短い英文をたくさん読んで、読む練習も出来たと思います。
 
 
以上が文法の勉強に使った本です。
 
どれも一回ではとても理解出来なかったので
繰り返し読んだり書いたりしてました。
文法はまだ不十分なのでForestは最近も読んでます。
英文を読んでいて分からない表現に出会った時にも辞書のように使っています。

看護系大学院受験の英語

大学院受験 英語

ほとんどの看護系大学院では受験科目に
英文の読解問題が含まれています。

大学院受験を決意した時点で、私はこれまで英語から
逃げまくっていたのでbe動詞ってなぁに?ってくらいのレベルでした。
専門学校もわざわざ受験科目に英語がない学校を選ぶくらいでした。

大学受験を突破した方なら、そんなに困らないのかもしれないのですが
私は准看護師から正看護師の専門学校の経由して資格を取得しました。
専門学校時代の英語の単位はあるような、ないような。
勉強した記憶もほとんどありません。
英語が苦手な看護師さんも多いのではないでしょうか・・・。

看護師国家試験にも英語がそのうち導入される!と
噂だけが流れ、10年程経過しています。
英語はできなくても、正看護師の資格は取れるんです。

しかし、これから英語は必須です。
私の英語は不十分でまだまだ努力も必要ですが
これからの世の中、英語ができないと何もできないんじゃないかと思います。

英語は中学英語の復讐から開始してかなり勉強しました。
受験前にあまりに英語に自信がなさすぎて
私は志望校の教授に
どの程度の英語力が求められるのか質問したのですが、
「あまり英語ができる人はいない」と話されていました。
実際どの程度を求められているかは、学校や専攻によると思います。
過去問や辞書の持ち込み可能かどうかも
学校によって異なるので、志望校の試験を確認されると良いと思います。

受験を決意する前は、英語できないから・・と決めつけてました。
しかしbe動詞怪しいレベルの私も勉強したら合格をいただけたので、
英語ができないから。とそこで進学を諦めるのは勿体ないと思います。

 

看護英語読解15のポイント

看護英語読解15のポイント

 

 

通信制大学の履修計画

通信制大学

学士(看護学)取得のためには
必要な単位を積み上げていかなければならないのですが、
中学・高校のようにどれをどう取得すればいいのか
大学では親切に教えてはくれません。
私も専門学校を卒業してから、
大学というものもよく分かってないうちに通信制大学に入ったので
どのように勉強していくのか、さっぱり分からず。手探りで勉強していきました。
 
短期大学・高等専門学校を卒業した私の場合、
看護学の学士申請には2年以上で62単位以上を習得する必要がありました。
うち31単位以上は「専攻に係る単位」を修得します。
それ以外に「専門科目の単位以外の単位」は
専門学校で修得したものと合わせて24単位以上、修得します。
 
学位授与機構を利用して学士(看護学)を修得することを推進している学校では
対応する科目を教えてくれます。
放送大学では学士(看護学)取得を目指している人向けにパンフレットを発行していました。
本当に親切!!!
学位授与機構が発行している「新しい学士への途」を入手してよく読むことをお勧めします。
私はそれでも、単位が対応しているのか不安だったので
少し余裕をもって単位を取得してから卒業しました。