読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっと看護を学びたい

看護・医療・健康について書いています。

看護師の過労死ライン

看護 医療・健康ニュース

最近Yahoo!ニュース!のトップに自殺された看護師のニュースが掲載されていました
2012年、資格を取得されたばかりの新人看護師さんが
月に65時間から91時間の時間外労働により肉体的、精神的に追い詰めら
うつ病を発症し自殺されたそうです。
亡くなられた看護師さんは時間外労働に加え自宅でも勉強されていたようです。
真面目な若い方が亡くなったのは悔しいですね。

 

headlines.yahoo.co.jp


私は大学病院で10年弱勤務しているので、
お局級に片足突っ込んでる程度の中堅看護師になってしまいましたが、
しかし1~3年目くらいまでは辛かったです。

一緒に上京した同じ学校の同級生が3人は1年未満で田舎に戻りましたし
同期入職で同じ部署に配属されたのは6人でしたが、
3年以内に全員退職しました。

同僚の中には、精神疾患を患って休職したり退職された方もいました。
正確な統計は調べていませんが
私の人間関係だけでざっと計算しても多職種より離職率は高いと感じます。
看護師の労働環境が少しでも改善されればとニュースを読んで思いました。
 
資格取得後の1年間は自殺は考えたことはありませんでしたが、
慢性的な疲労は感じていましたし、辞めることばかり考えていました。
先輩にボロカス怒られたり、それを家で勉強してノートまとめしたり
プライベートとの両立もうまくできなかったので、
友達減ったり、フラたり・・・まあとにかく忙しかったです。
私は友達や家族に恵まれていたので、相談する相手もいましたし
たまに嫌な事もありますが職場も良い人もいて
幸運続きで今まで続けることができました。
 
私には難しい問題ですし、政治的な意見はここでするつもりはないのですが
日本では年間に約24,000人の方が自殺しています。
政府の発表だけでこれだけの数です。
これは遺書がない場合はカウントされませんし、消息不明の方は含まれません。
自殺しているのは
激務と言われている医療従事者や上場企業の方だけではありません。
労働環境もそうですが、うつ病などの精神疾患の治療も
まだまだ偏見があると感じます。
社会が少しでも変わって生きやすい世の中になればいいと思います。

 

過労死・過労自殺労災認定マニュアル Q&Aでわかる補償と予防

過労死・過労自殺労災認定マニュアル Q&Aでわかる補償と予防