読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっと看護を学びたい

看護・医療・健康について書いています。

独学を続けるためにやったこと

勉強・スキルアップ 通信制大学

私は放送大学の3年次に編入して約3年で
放送大学の卒業要件に必要な62単位と、学士(看護学)に必要な単位を
取得して卒業しました。
 
一般大学や他の通信制大学のことについては、よく分からないのですが、
放送大学は基本的には放ったらかしです。
自分で必要な単位を選択し、自分で勉強していかないとなりません。
働きながら勉強している我々社会人は、戦略を立てて勉強していかなければなりません。
休みの度に、疲れてぼーっとしているのでは時間はどんどん過ぎていくばかりです。
私は通信制大学はほとんど独学だと思っています。
大学院受験を決意してから英語の勉強を始めたのは最近ですが、
英語学習も独学でやってます。英語学習も継続が必要だと思います。
最近も勉強を習慣化させるために、放送大学在学中のことを思い出して
似たような行動をとるようになりました。
 
私が独学を続けて通信制大学を卒業するためにやったことをまとめます。
 
①周りに宣言する。
「私、放送大学入学したよ!」と自分を取り巻く人間関係の方々にお知らせしました。
まず家族に「もし私が途中で泣き言を言ったら喝!入れて。」とお願いしました(笑)。
編入時に母校にお願いするべき書類があったので母校の先生方にも話しました。
地元と住んでる場所は遠いので見張られはしませんが、人に話すことで退路がなくなります。
遊ぶ時間が制限される可能性もあったので、よく遊ぶ友達にも協力をお願いしました。
 
②先に計画を立てておく
当初の目標は2年半で卒業することだったので、卒業までの62単位を4で割って
14-16単位が一学期間に取得できるように単位の選択をしました。
当然、勉強が間に合わなくて不合格になったものも多かったですが、
お金もタダではないので、私はそれくらいの方が頑張れたと思います。
学期末にある単位認定試験は、ギリギリになるとどんどん憂鬱になるので
早めに手帳に日付を記入していました。
職場に通信制大学に在学していることは話していなかったのと、
交替制勤務であることから試験休み等はもらわなかったのですが
さっさと休みが貰えるように準備していました。
 
③勉強する環境を整える(断捨離)
勉強法の話なのに、断捨離?と思われる方もいるかもしれませんが
勉強する環境はとっても大切だと思います。
私は昔から部屋の片づけが苦手でして、いつも気が付いたら
本やら書類が平積みになっています。いまだに治りません・・・・が、
勉強したい時には不要な物を捨てて机を整理します。
それでも勉強できない時は近所のカフェによく行っていました。
1人暮らしの自分の部屋ですと、本読んでたり、お菓子つまんだり、
ブログを読んだり書いたり、気が付いたら他事してるので、そういう時はカフェに行きました。
ドリンクバーでなければカフェは痩身効果もあるんじゃないでしょうか(笑)
マンションの近所の落ち着けて、トイレが綺麗なカフェをいくつか選出してよく回ってました。
図書館も時々行っていましたが、私は静かすぎるのがダメだったのと
本が大好きなので関係ない本を読み始めて、結局は自室にいるのと同じ結果になりました。
コーヒー1杯分で集中する時間が買えると思えばカフェで勉強は安いもんです。
店員さんや他のお客さんの迷惑にならない程度に長居していました。
 
④サボる
やりたくない時には、徹底的にサボってました。単位認定試験をサボったこともあります。
私は新しい事を勉強したり、知識が増えるのは楽しいし勉強は好きですが
ずーっと勉強している訳ではありません。机に座るのは苦手です。
単位認定試験も添削課題から出題されそうなところを選出して暗記!って科目もありました。
真面目に勉強している人には怒られるかもしれませんが、
スキルアップや資格取得の為の勉強はある程度、要領も必要だと私は思います。
1-10まで勉強するなんて、疲れるじゃないですか。夜勤もやってる訳ですし。
 
以上、こんな感じで続けていたら通信制大学、卒業することができました。
まだまだ知りたいことがたくさんあるので、勉強は今後も続けていきます。

 

なぜ、あなたのやる気は続かないのか

なぜ、あなたのやる気は続かないのか