読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっと看護を学びたい

看護・医療・健康について書いています。

学士(看護学)のメリット

学位授与機構 通信制大学

私が学士取得を目指したきっかけ

私は准看護師スタートで、専門学校で正看護師の免許を取得しました。
その後、学位授与機構で看護学(学士)を取得しました。
私は准看護師スタートなので、大学については興味もありませんでした。
実際、現場で学歴での差別は受けたことはないし困りませんでした。
しかし同じ仕事をしていて私の施設の場合ですと
給料が1万円以上違っていたので
納得できない思いもありました。
同僚にも四年制大学卒のナースが多いこともあり、
学歴のコンプレックスはとても強かったです。
きっかけは高尚な理由ではなく、自分への自信のなさでした。

 

学士(看護学)ってなに?

日本の学位の種類には博士・修士・専門職学士・学士・短大学士・専門士などがあります。
専門学校で看護師資格をした場合は、専門士(医療専門課程)が取得できます。
学士(看護学)とは大学修了・卒業者に与えられる学位です。
専門士と学士の違いとして
・給料が違う
・キャリアアップしやすい
最近の世の中では4年制大学が高学歴というわけではなくなってきていますし、
これから看護師になる方たちにとっては、出世への影響はそれ程ないように感じています。


大学卒業者と学位授与機構で取得した学士(看護学)とは何が違うのか?

学位授与機構の学位とは・・・・

機構が授与する学位は大学卒業者(大卒)と同等の学力を証明するものであり、大学院入学試験や人事院規則上もと大学卒業と同等と認定される。一定の要件を満たすことで教員免許の取得や各種の資格・免許を取得することも可能である。尤も、機構で学士の学位を取得することでは大学卒業の学歴にはならない。

実際、私の勤務先の給料の話ですが
学士取得後に給料は上がりませんでした。採用時の基準のまま、継続して働いています。
でも私の知り合いの中には
学士取得後に大卒者と同等の給料で転職を果たした人もいます!羨ましい!
給料アップだけではなく、出世しやすくなったり、大学院の進学など
取得することで可能性が大いに広がると思います。
どうせ専門卒だから・・・と言っていた私ですが、
色々と勉強しているとそんなこと気にならなくなりました。
有名な学校を出ることと、どう社会へ貢献するかはあまり関係がないことが分かりました。

 
自分のキャリアや将来の働き方など考えて、検討してみるのをお勧めします。