読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっと看護を学びたい

看護・医療・健康について書いています。

通信制大学 学校選び

通信制大学

よく広告を見かけるのですが、
通信制で学士(看護学)の学位ができる大学はいくつかあります。
私は放送大学を利用して単位を62単位全てを取得したのですが、
私学の通信制大学には<看護学コース>というのが
あったりして、羨ましく思う時もあります。
私が放送大学を利用して良かったと思うところは大きく2つあります。
 
<学習方法が自由>
就職してすぐに放送大学に編入学したのですが、
業務を覚えること、担当患者の病態の勉強など
仕事だけで手一杯で、
大学のことは余裕がなくて暫く放ったらかしでした。
当時、関東圏では放送大学の授業が地上波放送されていたので
(今はネットで視聴できるものもあるらしい)
授業を録画しておいて、ちょっと時間ができた時に観ていました。
学期ごとに単位取得数を変えられるので、
「年度の後半は、仕事で看護研究があるから・・・」と思い
前半に多めに単位を取得したり、うまく仕事と両立する事ができました。
 
<普段知り合わない人と話せる>
他大学の看護師さんの学位取得を売りにしている学校では、
看護師さんの仲間ができたりするのかもしれませんが
放送大学では様々な背景の人が受講されていて
私はそれはとても面白く感じました。
学位取得を目的とせず生涯学習として大学入学されている方が多いので
年配の方や社会人の方と話をするのは楽しかったです。
看護学校を出たばかりであまり社会の事も知らなかった私ですが、
面接授業に参加してバイタリティ溢れる大人の方たちと話すのは貴重な体験でした。
 
 
一つ一つの単位をしっかり理解するまで勉強したか?と言われると
そうでもない部分もあります。
通信制大学に大卒になれる!と思って編入学したのですが、
実際に学位取得して思った事は「もっと勉強すれば良かった。」でした。
最近は大卒者の学力低下や学生の質の低下が話題になったりしていますね。
看護師がどこの学校卒業したか、学位が専門士か学士かなんて
患者さんには全く関係のないことなので
臨床で働く場合、学歴にこだわる必要はそんなにないと思います。
 
どの学校を選ぶかは、ご自身の好みによるのかと思います。
方法はなんでもいいけど、ただ資格を取るだけではなくて、
考える力やそれを表現する力を身に着けることが大切かと思います。