読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっと看護を学びたい

看護・医療・健康について書いています。

看護師の学歴は患者さんにとって有益?

看護

看護師の教育課程は
准看護師取得者の2年過程、
3年過程の専門学校、4年制大学があります。
准看護師養成所の入学要件は中学校卒業以上であり、
これまでは開かれた職業でした。

しかし現在は准看護師制度は廃止の傾向にあり
4年制大学での教育が推奨されています。
東京大学医科学研究所の上昌広特任教授は、
看護師の高学歴化は、医療の質を引き上げ、
患者の死亡率を下げることにつながると指摘しています。

「ヨーロッパ9カ国の300病院と42万人以上の患者のデータから、病院に大卒またはそれ以上の学歴のナースの割合が多いほど、外科患者の入院後30日以内の死亡率が低い、という研究報告があります」

引用:朝日新聞社 dot.https://dot.asahi.com/dot/2015061900101.html

確かに、もし看護師全員がなにも勉強していない人だったら、
感染対策ができなくて簡単に院内感染して患者もスタッフも全員死ぬかも。
手洗い一つでも「なんで必要?」って事を知っていないと行動に結びつかない。

私は准看護師養成所を卒業し進学して看護師資格を取得しました。
臨床で働いていてると、リーダーシップが求められたり、
何か看護を提供するには根拠も必要となります。
准看護師養成所で勉強していた時には、
「看護師の仕事は医師の補助でしょ?」程度にしか考えていませんでした。
准看護師養成所の勉強では
その程度の考えしか浮かばないのかもしれません。
実際の現場では業務も多いですが“考える”場面はもっと多い。
患者さんに必要なケアを考えて
多職種と連携をとったり、家族や地域とも関わる必要もあります。
様々な専門家と連携するには、知識も教養も必要です。

4年制大学出てればいいのか?というのも
考えなければならないと思います。
昨今は大学に行くのが当たり前となり
大学卒も高学歴ではなくなってきています。
低学歴の私はあまり偉そうなことは、言えないのですが
最近の新人看護師を見ていると「本当に4年も勉強してる?」ってな
感じの子もいます。ちゃんと勉強している子もいますけど。
でもそういう子が患者さんには一番優しくて人気あったりするので、
実際は何が良いのかよく分かりません。
頭ばっかり固くなっても、現場のケアは誰がするの?とも思います。

我々にできることは、教育と啓蒙活動しかないのかな。
患者さんと一緒に看護師も成長していかないといけないですね。
私はもっと勉強したいと思ってるけど、ニュートラルな立場でいたいです。

私が取得した学士(看護学)についてはこちら。

学士(看護学)のメリット - もっと看護を学びたい