読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっと看護を学びたい

看護・医療・健康について書いています。

大学院受験の英語学習にお勧めの本<長文編>

大学院受験 英語

ほとんどの看護系大学院の受験では英語長文が出題されます。
英文を読んでそれに対する設問がいくつか出題されるのが
一般的なようです。 
看護の英語論文が読める程度の英語力が必要だからです。
可能な限り、過去問を取り寄せて勉強しましたが、
和訳だけのところもあれば、要約・英作文が出題されている学校もありました。
問題の内容やレベルは学校によって出題傾向は様々です。
英語学習のスタート時には全く何も読めない、読み方も分からない状態だったので
要約・英作文なんかとんでもない話でした。
そこから受験対策に使った本のお勧めを紹介します。

文法を一通り勉強し終わってからこの本を使いました。
英文解釈の良著と呼ばれる本はたくさんありますが、
文法用語がわからない状態では、読んでも理解できませんでした。
この本は文法用語の解説もありますし
簡単な単語の英文が掲載されているので理解しやすいと思います。

 

入門英文解釈の技術70 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

入門英文解釈の技術70 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

 

タイトルのごとく英文解釈の技術が身に付きます。
ちょっと英語分かってきたか?という時期に購入しました。
解説文は堅いですが、英文を読む際に気を付けることが分かりました。
掲載されている英文の構造は難しくないありませんが、
内容が堅く語彙は難しいので論文を読む練習になると思います。
この本を終えてからこのシリーズの「英文解釈の技術100」で勉強しました。

 

看護・福祉系大学編入・大学院入試の英語

看護・福祉系大学編入・大学院入試の英語

 

少々古い本ですが
看護系大学院・修士課程の過去問題が掲載されている本です。
主に保健・衛生・社会問題に関する英文が掲載されていて
英文の和訳、解答もついており重要医学用語集もあります。
残念ながら、この本は現在販売されていないので
私は国立国会図書館に行って必要な部分を手に入れました。

 

看護英語読解15のポイント

看護英語読解15のポイント

 

看護の英文読解の本は少ないのでこの本はお勧めです!
英文がたくさん掲載されていて、解説もあるので本当に練習になります。
しかし和訳が載っていないので初心者には難しいと思います。
私は勉強を始めたばかりの頃に購入しましたが、
内容が理解できず落ち込んでしばらく本棚の奥で眠っていました。

 

他に受験対策でGoogle Scolarで検索した論文のAbstractを読んでました。
まだまだ勉強が改善が必要な私の英語力ですが
英語の勉強は勉強しただけ、できるようになるので面白さも分かってきました。
いつか看護の論文がサラっと読めるようになりたい。